美爽煌茶 びそうこうちゃ 飲み方

濃さはどのくらい?

美爽煌茶(びそこうこうちゃ)は飲み方次第で、
味やその効果も色々変わります。

 

 

濃く作りすぎるとかなり体感が強くなり、
場合によっては下痢になってしまう恐れもあるので、
初めて飲む方はまずは慎重に作りましょう!

 

美爽煌茶の強みのひとつとして、濃さで効果を調節できます。

 

自分に一番合った濃さで飲む事ができるので、
最初はイマイチうまく行かなかったという方も体質や体調に合わせて
ちょうど良い具合でスッキリできるようになります♪

 

 

濃さレベル1

お茶の色がすこし出てきたらすぐにティーバッグを引き上げます。
その時間でいうと1分以内。

 

濃さレベル2

こちらもかなり薄めに。
時間でいうと1分〜2分以内。

 

濃さレベル3

ティーバッグを浸す時間は3分ほど。
この時間が美爽煌茶の標準の濃さです。
この濃さが平均的に一番スッキリを体感しやすいです。

 

濃さレベル4

3分ではあまり実感がないという方は8分くらい浸してみましょう。
いきなりこの濃さに挑戦するにはそれなりの覚悟が必要なので、
まずは短い時間で試してみる事をオススメします。

 

濃さレベル5

ひたす時間は20分ほど。
ここまで来るとかなり重度の便秘症の方でしょう。
8分ではダメ、という場合は頑固な便秘にガツンと一撃!

 

濃さレベル6

20分ほどでもダメな人は30分で。
ここまで来ると見た目の違いはわかりません。
成分量は圧倒的なので、もしこの濃さでもダメな方は
別の解決方法を探した方が良いでしょう。

 

 

もし中々効果が感じられないという場合は、
ティーバッグを浸す時間を長くする以外には、

 

・朝と夕方の一日2回飲んでみる
・ティーバッグを入れたまま電子レンジで加熱
・1回にティーバッグを2つ使ってみる

 

これらの方法なども試してみてください。
もし渋味が気になる場合は、ミルクなどを入れると飲みやすくなります。

 

 

体感が強すぎる!という方は

 

濃さレベル1でも体感が強いと感じた場合は、
お湯の量を増やして、できたお茶を全部飲まずに少しだけ飲むようにしてください。

 

残りは冷蔵庫に保管しておけば3日は日持ちします。

 

 

⇒美爽煌茶の詳細はこちら

 

>>サイトTOPへ