美爽煌茶 びそうこうちゃ 副作用

「副作用はありません!」というサイトに注意

注意

美爽煌茶(びそうこうちゃ)を紹介している色々なサイトでは、

 

薬ではないので副作用はありません!

 

といった内容の文章が多く見受けられます。

 

 

確かに、
副作用とは医薬品に位置づけられたものが引き起こす作用なので、
健康食品である美爽煌茶の症状を副作用と呼ぶのは正しくはありません。

 

ですが、

美爽煌茶(びそうこうちゃ)を飲んで下痢になったり、胃痛がしたりする人もいるので、
飲み方には注意が必要である事も事実です。

 

単純に「副作用はないから安心してお飲みください!」と
書いてあるサイトやブログには注意が必要です。

 

 

もし美爽煌茶を飲む場合は、
最初はティーバッグの濃さを薄めにして飲み始めることをオススメします。

 

成分の下剤作用は体質によっても違うので、
お腹を下しやすい方や妊娠中・授乳中の方、乳幼児は注意が必要です。

 

 

⇒美爽煌茶の詳細はこちら

 

 


下剤成分の入っている健康茶を紹介

注意

美爽煌茶(びそうこうちゃ)を始めとする健康茶の中には
原材料にキャンドルブッシュというマメ科の植物が使われているものがあります。

 

このキャンドルブッシュは
茎や花に下剤成分「センノシド」が含まれているのですが、
薬事法上の医薬品ではなく、食品に分類されているので注意が必要です。

 

 

 

 

 

国民生活センターが、
キャンドルブッシュ入り健康茶をそれぞれ商品の説明通りに作り、
成分を調べた結果、カップ1杯(150〜250ミリリットル)で
2〜10ミリグラムのセンノシドを検出。

 

医薬品の下剤の最低服用量1回分に含まれるセンノシドの量は12ミリグラムで、
商品によっては、下剤に匹敵する量のセンノシドが含まれているものもあったそうです。

 

 

 

美爽煌茶以外のキャンドルブッシュ(カッシアアラタ)が含まれている健康茶

・アビキャンドルミックスティー
・爽快 京の焙じ茶
・オ-ルオフ
・お茶でスルーハーブティー
・エスティモア(ゴールデンキャンドルティー)
・極強緑痩桑の葉茶
・ナイトダイエットティー
・ポッコリすっきり茶
・コトハスヒティー
・ルバーブティー
・通快麗茶
・キャンドルブッシュ100 真面目なダイエット茶
・黒極茶
・癒しの茶屋 森のこかげ

 

 

>>サイトTOPへ